公的文書 英語翻訳 愛知県

公的文書 英語翻訳 愛知県

公的文書の英語翻訳会社をお探したの方へ。 私共は、公的文書の翻訳を専門で行っております。


翻訳証明書
公的文書の翻訳と翻訳の証明(翻訳証明書)は公的文書原本とともに重大な意味を持つことが多いので、海外の多くの国ではそれを翻訳する翻訳者について翻訳者の認定資格などがある場合があります。但し、日本では、翻訳者についての国家資格、国家免許はありません。
第三者のする翻訳として多くの機関で公的文書翻訳に相当するものとして認められているのが、翻訳会社の住所、電話番号、翻訳者の氏名、会社の印鑑を付した翻訳証明書を付したいわゆる翻訳証明書付翻訳です。
翻訳証明書は、翻訳会社のレターヘッドに印刷し社印を捺印し、翻訳責任者の署名を付すのが普通です。これで証明書翻訳としてたいていの用件には通用します。英語では「certified translation」となっている場合、日本の状況では、これで該当します。


翻訳証明書が不要(自分で翻訳 )
提出する機関によっては、公的文書文書の翻訳でも必ずしも第三者による翻訳を求めていないところもあります(この場合は、自分で翻訳して提出しても受理される)ので、提出する公的文書文書の翻訳の要件を確かめることをお勧めします。
提出する公的文書の翻訳を自分で行ってもよい場合は、翻訳自体を翻訳会社に依頼したとしても、翻訳内容に納得して最終的に自分の翻訳であると自認すれば提出先には自分のした翻訳であるとして提出することもできます。


公的文書書類の翻訳 NPO法人IESでは、公的文書書類、証明書の翻訳を専門
私共の翻訳は、公的文書書類・証明書の翻訳において書式レイアウトも維持した翻訳を行うので、書類の審査をする外国のオフィシャルにとって日本語である原文の公的文書と翻訳との対応が容易になっています。日本語の原文が読めないオフィシャルにも非常に安心感を与える翻訳です。


>>詳細はこちら
公的文書 英語翻訳 愛知県

取扱文書の種類
定形的な文書の翻訳は、数多くこなしているので、迅速な対応が可能です。
戸籍謄本、戸籍抄本、除籍謄本、記載事項証明書、全部事項証明書、個人事項証明書、住民票、出生証明書、出生届、出生届受理証明書、婚姻届、婚姻届受理証明書、原戸籍、平成原戸籍、在職証明書、成績証明書、卒業証明書、運転免許証、車検証、税務申告書、登記簿謄本、履歴事項全部証明書


公的文書の翻訳 (例)
住民票・卒業証明書・成績証明書・教員免許状・中学校教諭第一種免許状・高等学校教諭第一種免許状・履歴書・在職証明書・源泉徴収票・医師免許証・医学学位記・歯学学位記・会社定款・履歴事項全部証明書・現在事項全部証明書・閉鎖事項全部証明書・会社推薦状・会社概要・理由書・商業登記簿謄本・留学関係書類・出生証明書・無犯罪証明書・反則切符・婚姻要件具備証明書・結婚証明書・戸籍謄本・健康診断書・婚姻届受理証明書・不動産鑑定評価書・有価証券報告書


登記簿翻訳 ・戸籍謄本翻訳サービス
戸籍謄本、婚姻証明書、出生証明書、死亡証明書、会社登記簿(登記事項証明書)などあらゆる種類の証明文書・準証明書類を迅速に翻訳し、翻訳証明書(Certificate of Translation)を付けて発送いたします。

公的文書 英語翻訳 愛知県

グローバルビジネスの成長や発展に伴い、国をまたぐ人の移動のグローバル化も益々拡大、拡張しています。 日本から海外、また海外から日本へ、仕事、留学、結婚などのさまざまな目的や理由で人が移動するためには、受け入れ側となる会社、学校、または入国管理局などの公的機関から各種の証明書や公的文書の提出を求められる場合が少なくありません。

すべてではありませんが、そのような公的文書を翻訳して提出しなければならないケースもあります。
各国の行政システムに応じて、また出国または入国する目的に応じて、どのような申請手続きがあり、どんな書類が必要なのか、またどのような翻訳が求められるのかを事前に確認することは非常に重要です。
このような書類の提出には通常期限が設けられている場合が多いので十分考慮して準備をして下さい。